スピード翻訳を使うメリットとは

現代は国際化社会となっており、会社内で英語を公用語にしている企業もあります。そんな中ではビジネスの場で急ぎの翻訳を必要とすることもあります。一般的な翻訳を依頼する場合には申込をする前にはまず見積りを出してもらい、打ち合わせなどもしてと数日間かかってしまうことがあります。しかも訳したいものの量によっては仕上がったものが届くまでに大幅な時間を必要とします。そういう時に利用すると便利なのがスピード翻訳なのです。これはオンラインで簡単にしかも短時間で依頼できるサービスです。作業量が少ないものであれば当日中に仕上げることもできるので需要が高いです。最終確認もプロがきちんと行う場合が多く、ミスが少ないのもメリットです。また専門の会社が取り扱っているので、英語だけではなくフランス語やイタリア語、タガログ語、中国語、韓国語などいろんな国の言葉に対応していることがほとんどです。

最近では24時間対応している会社もありますから、時差の関係で急いでいる時に利用することができます。企業だけではなく、国際結婚するカップルにも利用されることがあります。国際結婚では、例えばアメリカ人と日本人が結婚する時には日本の市役所に婚姻届を出すだけではありません。結婚する相手の国の婚姻要件宣誓書をそれぞれの大使館か領事館から入手する必要があります。また出生証明書の提出も求められることがあります。これらは当然日本語に訳しておく必要があります。そういう時にもこのサービスは大いに役立ちます。似たような仕事に通訳があります。

テレビなどで外国人の同時通訳をつとめている人を見かけることがあります。通訳は口頭で話されたことをその場ですぐに他の国の言葉に表現し直して伝えるという仕事です。翻訳は文書に書かれているものを他の言葉に表現し直すという作業をします。

書かれている言葉をより適切な表現で書き表し、文章に推敲を重ねる点がどちらかというと重視されます。通訳は、臨機応変にその場その時の意思疎通を仲立ちしてそれぞれのコミュニケーションを成立させることが重視されるので、そのあたりはやはり違います。話し言葉と書き言葉という点では真逆なものといえます。しかしどちらの仕事にしても伝えたい言葉を直接的に訳すのではなく、なるべく聞く人が自然に感じるようにしなければいけません。そのためには毎日の勉強と経験を重ねていくことがとても重要になってきます。